MENU

お酒による肝臓への影響

肝臓サプリ

お酒から連想する内蔵といえば、肝臓ですよね。
お酒を飲むことで肝臓に影響を与えることは常識的です。肝臓への負担を減らすために、お酒を飲む前に対策用のドリンクなどを飲んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

 

ところで、なぜお酒が肝臓に影響を与えるのか、理由はご存知ですか?

 

肝臓ではさまざまな活動が行われていますが、とくに代謝や解毒機能が有名です。また、消化のために必要な胆汁酸を分泌する働きも担っています。
お酒を飲んで摂取したアルコールも肝臓内で代謝・解毒されますが、このときアルコールの代謝・解毒が一番に優先されます。
要するに、お酒を飲み過ぎると、その作業に肝臓がずっと働くため、その他の機能が低下してしまいます。また、処理が追いつかなくなると肝臓も疲れ切り、全体的に機能が低下します。
このように、お酒は肝臓に影響を与えるのです。

アルコール性の肝臓病について

肝臓病はお酒を飲む人だけが罹る疾患ではありませんが、アルコール性はお酒が原因です。
たとえば、アルコール性肝炎、アルコール性の脂肪肝など。
肝炎にせよ脂肪肝にしても、早めに処置せずに放置していると、肝硬変や肝臓ガンを招き、命に関わることがあります。あるいは、肝臓移植が必要になる重篤な状態を引き起こしかねません。

 

恐ろしいことに、アルコール性としても肝臓病は重症化しないと自覚症状が出ません。
自覚症状は体調不良とも似ていることから見逃されるケースもあります。
予め防ぐためには日頃の生活を見直すことが大切です。お酒との付き合い方を考え直し、休肝日を必ず作るようにしましょう。
肝臓にも休息を与えて労わってあげてください。
それから定期的に健診を受けるなどして肝臓の状態を常にチェックしておきましょう。