MENU

肝臓の数値が高い時の注意点

肝臓サプリ

検診などで肝臓の数値が高い場合に気をつけたい注意点をまとめました。

 

注意@体型の改善
肥満の人は肝臓の他にも体に負担をかけやすいので注意してください。食生活の改善などを行い、肥満を解消しましょう。
注意A便秘を解消
食生活が原因で便秘になると肝臓に余計な負担をかけてしまいます。

腸内に溜まった毒素が肝臓にダメージを与えるので、便秘の解消を意識することも大切です。
整腸作用のある食事を心掛けましょう。

注意Bお風呂の入り方
お風呂はシャワーで済ませるよりも、お湯に浸かる方が体に良いとされています。

肝臓を労わるためにはぬるま湯に10分から20分ほど入りましょう。

注意C食事のとり方
栄養バランスに気を付けて食事を摂り、食後は少し横になると血液が肝臓に集まりやすくなり、負担が和らぐと言われています。
注意D睡眠やストレス
睡眠不足や過度なストレスは肝臓に大きな負担を与えてしまいます。

良質な睡眠をとり、睡眠不足にならないように日ごろから気を付けましょう。
次にストレスは受けずに生活を送ることはできないので、溜めこまないように発散してください。

注意Eお酒やタバコ
アルコールやニコチンは肝臓で分解されます。この作業が肝臓の負担となるので、できれば禁酒・禁煙を心掛けてください。
注意F運動法
急性肝炎など病気や症状の場合によっては運動が適していないこともあります。まずはお医者さんに相談してください。

運動した方が良いと言われた際には適度な運動を習慣にしましょう。
もし運動を控えるように指導された場合はムリに体を動かさないように注意してください。

肝臓の数値を正常に戻すことはできる?

 

まず、肝臓は「γGTP、GOT、GPT」といった数値が肝臓と関連しています。これらの数値が基準値以上の場合、肝臓に問題がある、脂肪肝気味などと考えられます。

 

肝臓の数値が高い場合はケアすることで数値を良くすることが可能です。
基本は生活習慣の改善です。規則正しい生活、肝臓に良い食べ物や栄養成分を補える食生活が大切です。

 

もし簡単に食生活の改善ができないという場合には、サプリメントを活用する方法もあります。
サプリメントなら肝臓に良い成分を効率よく補えるので毎日の補助食品として役立ちます。とくに仕事が忙しいなどの理由で食生活が不規則な方、お酒をよく飲まれる方はサプリメントを利用してみませんか。