MENU

ALT(GPT)を下げる方法

46歳男性、会社員です。
私はここ数年、GPTの数値が高いと言われてきました。
その他にも、中性脂肪や尿酸値などの数値も高くなってきているのですが、医師からはいつ肝臓の病気になってもおかしくはないと言われてきたのです。

 

 

さすがにこの年齢で肝臓の病気になりたくはありませんでしたし、まだまだ食を楽しみたいという思いがありました。
そのため、食生活や生活習慣を見直すことにして、毎日自分を律しようとしてきたのですが、元々食べることや飲むことが大好きなので、すぐにいつもの生活に戻ってしまうのです。

 

そんな私にも、いよいよピンチが訪れました。
GPTの数値が前回よりも悪くなり、このままでいくと入院しなければならなくなったのです。
このときばかりは、妻からこっぴどく叱られましたし、これからの生活のことも考えて本気で健康管理に取り組まなければならないと実感しました。

 

そもそもGPTの正常な数値とは、30 IU/L以下なのだそうです。
私は、その2.5倍以上の数値となっていました。
定期的に通院することになってしまったのですが、それ以外で何か自分でできることはないかと考え、最終的に『レバリズム』を使うことにした状態です。

 

レバーなどが、肝臓に良いことは以前から知っていました。
しかし、私はレバーが嫌いなので、別の方法で摂取できないものかと考えていたのです。

 

『レバリズム』には、肝臓をサポートしてくれる成分が沢山含まれているといいますし、リピート率が高いサプリメントだというので、安心して使い始めることができました。

 

>> レバリズムはこちら <<

その他で気をつけるようになったことは、お酒や煙草の量を減らすことや、できるだけ多くの睡眠時間を確保することです。
次回の検査が3ヶ月後だったため、最低でも『レバリズム』を3ヶ月は続けてみて様子を見ることにしました。

 

先日3ヶ月が経過したので、久々に血液検査を受けたのですが、驚くことにGPTの数値が42IU/Lになっていました。
まだ平均値よりは少々高めなのですが、前回の結果と比較するとかなりの違いがあったため、医師も驚いていましたし『レバリズム』の凄さを思い知ることになりました。

 

ついつい油断して、以前の食生活や生活習慣に戻りそうになることもありますが、これからも『レバリズム』を愛用しながら肝臓の健康に努めていきたいと思っています。

 

お酒が大好きな方に『レバリズム』は最適なのではないでしょうか。
私の妻も、晩酌に付き合ってくれるときは『レバリズム』を飲むようにしています。
翌日の目覚めが全く違うと言っていますので、一度騙されたと思って試してみる価値はあると思います。

 

レバリズムの詳細はこちら

 

肝臓に良いサプリメント特集